japonais

Alternative libertaire : の紹介




Alternative libertaire(オルターナティヴ・リバタリアン)とは、1991年に結成された無政府共産主義に基づいた政治組合です。

第一インターナショナルからの反権威主義的労働運動と無政府共産主義の遺産という大黒柱によって組合が発足しました。反資本主義と自主管理という理念に基づき、支配されている社会階級の開放を実現させるために、私たちは闘っています。

私たちは、自由のためにそれぞれの時代に闘うことにした次の革命家の試しを継続しています:

- 第一インターナショナルに参加したバクーニンとバクーニンの支持者
- 1914年前のCGTというフランス革命的労働組合の活動家
- マクノと外国に追放されたロシア無政府主義革命家
- スペインのアナルコサンディカリスム(CNT)と1936年のスペイン革命と特にドゥルティの友
- Federation Communiste Libertaire(無政府共産同盟)と1954年にGeorges Fontenisが書いた「無政府共産のマニフェスト」
- 無政府共産主義の労働者ユニオン(UTCL)とDaniel Guerinの業績と1986年に書かれた「無政府共産の計画」

それぞれの経験の力によって、近代的な無政府共産が練られました。

現在ALは二つの柱に基づき、組合の力を発揮しています。

一つは、社会的運動と労働階級を統一する目標の中で、政府に反対できる強い陣営を築こうとしています。 二つは、社会運動によって無政府共産主義の強い流れを実現させるために私たちは頑張っています。

ALの活動家はALに限らずに、労働組合(CGT,SUD,またはCNT)に参加し、会社とか大学などにおける闘争に一生懸命力を入れています。

全部の国境を廃止し、国家と上下関係と資本主義をを倒し、自習管理を社会の下から広げるという最後の目標のプロセスの中で、現在プロレ タリアによる経営者側・国家・政府に反対する運動と、住宅の権利のための闘争と、家父長制などに反対する闘争を一つにし、その革命的な流れを組織しようと しています。

 
☰ Accès rapide
Retour en haut